豚タンの燻製の作り方!ビールに合うジャーキー風に仕上げる

豚タンの燻製 燻製レシピ
今村りょう
今村りょう

こんにちは!燻製ブロガーのりょう(Twitter)です。

今回紹介する燻製レシピは「豚タンの燻製」です。

商品によっては臭みが気になる豚タンですが、燻製することで臭みが消えて旨みだけを楽しむことができます。

ビールに合う噛むほど美味いジャーキー風に仕上げてみましょう。

スポンサーリンク

豚タンの燻製の作り方

豚タン

スーパーで激安の豚タンを買ってきました。

大きさも厚さもちょうどいい感じ。(薄切りよりは多少厚みがあった方が良いと思います)

早速燻製していきましょう。

1、豚タンを一晩ソミュール液に漬け込む

豚タン 塩漬け

とりあえず豚タンは一晩ソミュール液に漬け込んでおきます。

今回は塩分濃度3%のソミュール液にしました。

個人的にはこれくらいの濃度がお気に入り。塩分きつめが良い方はもう少し増やしてもOKです。(5%くらいかな)

水、塩、砂糖の分量はソミュール液メーカーを使って計算してみてください。

2、豚タンを冷蔵庫で乾燥

豚タン 乾燥

下味が付いたら、半日ほどかけて豚タンの乾燥処理を行います。

ラップをせずに冷蔵庫で乾燥させましょう。

燻製前は、水気を良く拭きとり常温に戻しておくことをお忘れなく。

3、豚タンを15分ほど熱燻

豚タン 燻製

いよいよ燻製です。

熱燻で一気に燻していきましょう。(100℃前後で15分くらい)

豚タンは臭みが気になるので、桜チップで燻製するのがおすすめ。

肉との相性は申し分ないです。

4、燻製した豚タンを仕上げ乾燥

豚タン 燻製

最後に仕上げ乾燥をしたら完成。

数時間ほど冷蔵庫で乾燥させつつ休ませることで、燻煙の渋みも消えて美味しくなります。

燻製が苦くなってしまう方は、大抵の場合、仕上げ乾燥を疎かにしていることが原因でしょう。

燻製は一日くらい休ませたから食べた方が美味しいんです。

ビールに合うジャーキー風の燻製豚タン

豚タンの燻製

おつまみ感強めの燻製豚タンに仕上がりました。

臭みも燻香によって全く感じなくなってますし、噛めば噛むほど豚タンの旨みが口に広がり鼻から抜けていきます。

これはビールに合う。

やはり豚タンの燻製はジューシーに仕上げるというよりは、ビーフジャーキーのようになパサパサ食感に仕上げるのが相性良さそう。

スライス肉は手っ取り早く燻製おつまみが作れるのが良いですね。

即席ベーコンに近しいものを感じます。

めちゃくちゃ簡単なのでぜひ作ってみて下さい!

Amazon人気燻製器ランキング
ランキングを見る
Amazon人気燻製器ランキング
ランキングを見る
タイトルとURLをコピーしました