IHコンロでも燻製はできるの?煙が出ない時の対応は?

燻製 IH 燻製のやり方
今村りょう
今村りょう

こんにちは!燻製ブロガーのりょう(Twitter)です。

ここではIHコンロを使った燻製についていろいろ見ていきたいと思います。

ガスコンロじゃなくても、やり方さえ間違えなければ美味しく燻製できるのでご安心を。

IHコンロの燻製にありがちな、煙が出ない時の対応も合わせて紹介しておくので参考にしてみてください。

燻製はIHコンロでもできます

IHコンロでも燻製はできます。

燻製チップに火を付けるためには熱源が必要ですが、それは「ガスコンロ」と「IHコンロ」のどちらでも構いません。

燻製チップは、燻製器や鍋から伝わる熱によってじわじわと発煙させるやり方が最も適しているので、IHでもそこは問題ないのです。

詳しい燻製チップの火の付け方は下記の記事でも紹介しています。

IHコンロだと燻煙が出づらい?

しかしIHコンロは熱の伝わり方が弱いので、ガスコンロと比べると燻製の難易度はちょっと高くなります。

燻煙が出るまでにちょっと時間がかかるんですよね…。

温度調整しながら燻煙の様子にも気を配るというのは、燻製初心者にはけっこう難しいかも。

また、ご家庭のキッチンがIHで燻製器を購入しようと思っている方は、IH対応の燻製器を選ぶ必要があります

ガスコンロ用の燻製器を選ぶと煙が出ないことがあるので注意してください。

ここさえ気を付ければ問題なく燻製が楽しめるはずです。

IHコンロ対応の燻製器

それではここでIH対応の燻製器をいくつか紹介しておきます。

といっても、IHコンロで使える燻製器は非常に少ないです。

1、スモークポットIH

僕がキッチンで燻製する時に使っている「SOTOスモークポット」のIH対応版です。

ガスコンロ用と比べてちょっと値段が高くなってますが、それでも燻製器のなかでは比較的安価な部類だと思います。

温度計付きなので非常に重宝するでしょう。

2、ツヴィリングプラス スモーカーセット

ガスとIHのどちらにも使える万能な燻製器。

値段は高価ですが、燻製以外の調理にも使える多機能性が人気です。

燻製をする頻度が低い人にもおすすめの燻製器ですね。

IHコンロで煙が出ない時の3つの対応策

最後にIHコンロの燻製でなかなか煙が出ないときの対応を紹介して終わります。

下記の3つで対応してみてください。

燻製チップの量を減らしてみる

燻製チップ 火の付け方

まずは燻製チップの量を減らしてみることです。

20~30分くらい燻製するとして、これくらいのサイズの鍋であれば10~15g程度の燻製チップで十分です。

燻製チップを山のように持っていると火付きが悪くなるので、IHコンロで燻製する場合は特に気を付けましょう。

燻製チップではなく燻製ウッドを使う

燻製ウッド

続いて、燻製材を「燻製ウッド」に変える方法。

燻製チップと違い燻製ウッドはガスバーナーによる着火が可能で、一度火を付けたら発煙し続けるので便利です。

通常は長時間の温燻に使う燻製材なんですが、IHの火力が弱くて燻製器越しに発煙しない場合は使ってみるのもありでしょう。

これで煙が出ないことは100%なくなります。

温度の調整もしやすくなるので、初心者の方には合っているかもしれません。

カセットコンロを使う

ロゴス スモークタワー

もう一つは、IHをあきらめてカセットコンロを使う方法ですね。

火力も強いですし、カセットコンロであれば室外でも使用可能なので非常に燻製向きといえます。

僕自身、スモークタワーで本格的に燻製する際は、外でカセットコンロを使っています。

IHのキッチンっておしゃれで憧れるんですが、料理好きとしてはやはりガスじゃないと使えないんですよね…。

ただ、やり方次第でIHでも燻製はできるのでぜひチャレンジしてみてください。

Amazon人気燻製器ランキング
ランキングを見る
Amazon人気燻製器ランキング
ランキングを見る
タイトルとURLをコピーしました