ヒッコリーってどんな燻製チップ?最も万能でどんな食材にも合う

燻製チップ ヒッコリー 燻製チップ
今村りょう
今村りょう

こんにちは!燻製ブロガーのりょう(Twitter)です。

ここでは万能な燻製チップ「ヒッコリー」の特徴を紹介します。

ヒッコリーはとにかく何にでも合う燻製チップで、迷った時はこれを使っておけば間違いありません。

うちでもたびたび活躍してくれます。

日本では燻製といえば桜チップでこれも比較的万能ではあるんですが、ヒッコリーはそれ以上だと思ってもらえたら良いでしょう。

燻製する方は必ず押さえておきたいチップの1つです。

ヒッコリーってどんな燻製チップなの?

ヒッコリーはアメリカで古くから使われてきた最も人気な燻製チップ。

日本には桜チップがありますが、本来燻製チップのスタンダードといったらヒッコリーなんですよ。

ヒッコリーはクセのない燻香が特徴で万人受けしやすい

ヒッコリーはクセの無い燻香が特徴で、日本で一般的に浸透している燻製のイメージからすると、あっさりしたイメージを持たれる方が多いかもしれません。

燻製に苦手意識を持っている方は、桜チップに代表されるきつい燻香によるところが大きいのだと思います。

しかし燻製はすべてがそういうわけではないんですよ。

例えばベーコンも豚バラ肉を燻製したものなんですが、意外と燻製食品だと知らずに食べてる人も多いんじゃないでしょうか?

ヒッコリーのようにクセの無い適度な燻香を付けられる燻製チップもあるんです。

桜チップの香りが強すぎるという人には、一度ヒッコリーを使ってみることをおすすめします。

ヒッコリーは万能でどんな食材にでも合う

ヒッコリーはどんな食材にでも合う万能チップですが、燻製チップにも色んな種類がありますからね。

その中で主にどんな使い方がされるのかも紹介します。

食材本来の味を活かしつつ燻製したいときに活躍

ヒッコリーは、ハムやベーコンなど肉類の燻製にも相性抜群です。

お店に並ぶこれら商品も、ヒッコリーで燻製されているものは多いですね。

燻製を前面に押し出している商品は桜チップを使用し、それ以外はヒッコリーといったイメージでしょうか。

ただ、ヒッコリーは香りが弱い分、桜チップと比較すると肉の臭み取り的な役割は薄れてしまいます。

逆に、臭みが少なくて食材本来の味もしっかり味わいたいときには、ヒッコリーを使うのがおすすめ。

適度な燻香が付けられる唯一失敗しない燻製チップとも言えるでしょう。

ヒッコリーを使った燻製レシピの例

最後にヒッコリーを使った燻製レシピの一例をまとめておきますね。

ぜひ参考に作ってみてください!

1、燻製ベーコン×ヒッコリー

燻製ベーコン 燻製器

ヒッコリーで燻した燻製ベーコン。

ベーコンはヒッコリーとの相性抜群です。

色付きも良い燻製チップなので、ご覧の通り燻製するだけでここまでの色になります。

市販のベーコンとは比べ物にならない美味さなのでぜひ作ってみてもらいたい

Amazon人気燻製器ランキング
ランキングを見る
Amazon人気燻製器ランキング
ランキングを見る
タイトルとURLをコピーしました