燻製に使うピートとは?より強い燻香が付けられる燻製チップです

燻製チップ ピート 燻製チップ
今村りょう
今村りょう

こんにちは!燻製ブロガーのりょう(Twitter)です。

今回は一風変わった燻製チップである「ピート」の紹介。

ピートは燻製チップというよりは、「スモークパウダー」や「スモークブロック」といった形で販売されてますよね。

一般的な燻製チップとは使い方も異なるので、購入前にぜひピートの特徴を知っておいてもらいたいと思います。

ウイスキー好きにはたまらない燻製になるはずです。

燻製に使われる「ピート」とは

それでは燻製材としてのピートの特徴を見ていきましょう。

ピートはウイスキーの香りづけに

そもそもピートというのは、ウイスキーの香りづけに使う炭のことをいいます。

よく”ピーティーな香りのウイスキー”なんて表現をしたりしますよね。

これがいわゆるスコッチウイスキーにあたります。

ウイスキーに使われる麦芽を乾燥させるときに、ピートを焚くことで香りを移すんです。

まさに麦芽を燻製しているようなイメージですね。

こうすることでスモーキーなウイスキーが楽しめます。

燻製材としてのピートの特徴

ピートは少量で燻香がつけられるコスパの高い燻製チップとして知られています。

ベーコンやハムに限らず、様々な燻製に使われる燻製材ですね。

お酒のつまみを作るにはもってこいの燻製材です。

ピートの特徴は香りの強さ。

強烈なスモーキーフレーバーがするので、燻製好きに好まれるチップともいわれます。

一方で、普通の燻製は苦手だったけどピートを使ったら燻製が好きになったという方もいたり。

通常の木からつくられた燻製チップとは違った風味が楽しめるので、燻製が好きな方はぜひ試してみてください。

「ピートパウダー」と「ピートブロック」

ピートは特殊な燻製材で3種類の形があります。

燻製向けピートの種類
  • パウダータイプ・・・粉末状のピート
  • ブロックタイプ・・・BBQに使う炭のような形のピート
  • チップタイプ・・・通常の燻製チップのようなサイズのピート

一般的に販売されているのは「スモークパウダー」や「スモークブロック」と呼ばれるタイプのものです。

ピートは他の燻製チップと違って木ではなく炭なので、そのままBBQに使うような炭の状態のものや、粉末状になったものが基本となります。

だからちょっと使い方が特殊なんです。

中にはチップぐらいのサイズもありますが、いわゆる燻製チップのようなものとも少し違いますね…。

ピートパウダーの使い方

ピートパウダー

まずはピートパウダー。

ピートパウダーは他の燻製材とセットで使うのが基本です。

よくやるのが燻製ウッドの上に振りかけて燻製するやり方ですね。

ただの燻製チップだけでは絶対につけられない、より深みのある燻香を出すことができます。

燻製ウッドの火付きも良くなるので一石二鳥です。

ピートブロックの使い方

ピートブロック

そしてピートブロック。

ピートブロックはバーべキューで燻製したいときに活躍します。

炭火の中にピートブロックを少し混ぜてあげることで、燻製BBQを楽しむことが出来ます。

蓋付のバーベキューコンロであればそれで燻製料理を作ることも可能ですね。

興味がある方は、ピートブロックで実際にバーベキューをしてみたレポートも参考にしてみてください。

2種類のピートで燻製の幅が広がる

ちょっと変わった燻製材のピートですが、やはり粉末状のピートスモークパウダーが比較的扱いやすいと思います。

使用する量さえ間違えなければ気に入る方も多いはず。

ピートを混ぜるだけで燻香の付き具合が大きく変わるので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

燻製の世界がまた一つ広がると思いますよ!

Amazon人気燻製器ランキング
ランキングを見る
Amazon人気燻製器ランキング
ランキングを見る
タイトルとURLをコピーしました