鯖の燻製の作り方!塩サバを燻製するだけ美味しさ倍増

鯖の燻製 燻製レシピ
今村りょう
今村りょう

こんにちは!燻製ブロガーのりょう(Twitter)です。

今回紹介する燻製レシピは「鯖の燻製」です。

スーパーで塩サバを買ってきて燻製するだけで、普通の焼きとは比べ物にならない旨みになります。

生鯖を買ってきた方は、ソミュール液に漬け込んでから燻製してみてください。

意外と燻製との相性が良くて驚きますよ!

スポンサーリンク

鯖の燻製の作り方

鯖

それでは鯖の燻製の作り方を見ていきましょう。

せっかくなので今回はちょっとお高めの塩サバを買ってきました(笑)

塩サバなので下味は付いてます。あとはこのまま燻製するのみです。

1、生サバはソミュール液に漬け込む

仮に生サバを買ってきたのであれば、燻製前にソミュール液に漬け込んであげましょう。

これで生サバが塩サバに生まれ変わります。

塩分濃度は3%くらいのソミュール液が良いでしょう。

ソミュール液メーカーを使って、必要な「塩」と「砂糖」の分量を計算してみてください。

サイズにもよりますが、1時間ほど付けておけば塩が馴染むはずです。

2、塩サバを乾燥させ、常温に戻しておく

水気を良く拭きとったら、塩サバを軽く乾燥させましょう。

6時間くらいかけてじっくり乾燥させれば、おつまみ感の強い鯖の燻製に仕上がります。

ご飯のおかずとしていただくのであれば、乾燥せずに常温に戻すだけの方が良いでしょう。

表面の水分が拭き取れていればとりあえずOKです。

3、鯖を100℃前後で20分熱燻

鯖 燻製

ここから鯖の燻製に移ります。

今回は吊るしスモークでいこうと思ったんですが…。

燻製中に落ちてしまいました。

鯖 燻製

魚を吊るしスモークするなら干物にしないとだめですね。

途中から普通に網の上に置いてやりました。

燻製時間は100℃前後で20分くらい。桜チップで燻製しました。

4、燻製した鯖を仕上乾燥

鯖 燻製

燻製した鯖の仕上乾燥です。

燻製チップを外した場所で30分以上かけて燻香を馴染ませていきます。

長時間かけて乾燥させた鯖を燻製した場合は、数日間寝かせてから食べるのもおすすめです。

5、鯖の燻製の完成

鯖の燻製

鯖の燻製の完成!

最初の乾燥時間が短めだったので、ふっくらした食感の燻製塩サバに仕上がりました。

塩サバなら普通に魚焼きグリルで焼くだけで美味しいんですが、熱燻によって焼き上げた方が断然旨みが増します。

ワンランク上の塩サバが味わえますよ。

塩サバは燻製するだけで美味しさが倍増

鯖の燻製

生サバであれば「鯖の味噌煮」などいろいろな調理法がありますが、塩サバとなるとただ焼くくらいしかありません…。

そこで燻製の登場。塩サバの新しい調理レパートリーの一つとしてもおすすめです。

鯖の生臭さを消してくれますし、味の深さも倍増。

手間をかけてでも燻製にする価値のある食材ですね。

Amazon人気燻製器ランキング
ランキングを見る
Amazon人気燻製器ランキング
ランキングを見る
タイトルとURLをコピーしました