おすすめの燻製家電3選!燻製以外の用途にも使える多機能家電も

冷燻器 フードスモーカー おすすめ燻製器
今村りょう
今村りょう

こんにちは!燻製ブロガーのりょう(Twitter)です。

ここではおすすめの燻製家電を紹介します。

通常の燻製器とは一味違って、まさしく”家電”の名にふさわしい商品です。

中には燻製以外の用途にも使える万能家電もあるので、参考にしていただけたらと思います。

燻製をする頻度がそれほど多くないという方には、多機能な燻製家電の方が断然おすすめですからね。

おすすめの燻製家電まとめ

それでは燻製家電を見ていきましょう。

いろんなタイプがあるので、ぜひ自分のキッチンや調理スタイルに合うものを探してみてください!

1、フードスモーカー

1つ目は「フードスモーカー」。

フードスモーカーは簡易的な冷燻器で、もっとも簡単に使える燻製家電として人気があります。

キャップの上に燻製チップを乗せて着火すると、電池式のファンを利用して燻煙をチューブから送り出すことができます。

冷燻器 フードスモーカー

出てきた燻煙と食材をボウル等に溜めておくことで数十分で燻製が可能。

卓上で簡単に燻製が出来ますし、熱を必要としないので「刺身」や「調味料」に火を入れることなく燻製することもできます。

燻製器としては比較的安価なので、燻製入門機としてもおすすめの家電です。

2、パナソニック「スモーク&ロースター けむらん亭」

2つ目はパナソニックの「スモーク&ロースター けむらん亭」。

簡単にいうと燻製の機能が付いたオーブンです。

燻製容器と燻製ボタンが付いているので、誰でも簡単に燻製を作ることが可能。(その他オート調理ボタンも多数)

自動調理をしてくれる万能オーブンといった感じです。

また、ワンボタンでお手入れができる「オートクリーン」モードや、煙を90%カットする除煙・脱臭のファンも搭載しています。

室内の燻製に最適化された家電といえますね。その他機能は商品詳細でご確認ください。

3、パナソニック「ロティサリーグリル&スモーク」

3つ目はロティサリーグリル&スモーク。

こちらもパナソニック製のオーブン型燻製器です。

これ1台で「焼く」「炙る」「燻す(燻製)」のマルチユースが可能。

ロティサリーというくらいですから、オーブン内で食材を360°回転させながら遠赤外線で加熱する仕組みです。(ケバブみたいなイメージ)

これは燻製だけでなく肉好きにはたまらない家電ですよね。

もちろん燻煙を除去するフィルター等の機能もしっかり搭載されています。

ただし、ロティサリーグリル&スモークは、2020年6月25日に販売終了しているのでお買い求めは在庫限りとなります。欲しい方はお早めにどうぞ。

万能な燻製家電より本格的な燻製が楽しみたいなら

以上がおすすめ燻製家電の紹介となります。

フードスモーカーは燻製に特化した分非常にコンパクトなのが良いですし、燻製機能を搭載した多機能オーブンはその汎用性が魅力ですね。

一般的な燻製料理ならこれで十分作れますし、どれも仕上がりに問題はないでしょう。

強いて弱点を言うのであれば、燻製法がワンパターンなところでしょうか。

燻製には「熱燻」「温燻」「冷燻」の3種類のやり方があるんですが、上記で紹介した燻製家電はどれも特定の燻製しかできません。

燻製材もチップしか選べませんので、燻製が好きでいろんな燻製レシピを試してみたいという方は、ちゃんとした燻製器を購入することをおすすめします。

僕が実際に使っている燻製器も下記の記事にまとめておいたので参考にしてみてください。

燻製家電しかり、自宅で燻製を楽しむ方法は沢山あるので、ぜひ自分に合った方法を見つけてみてください!

Amazon人気燻製器ランキング
ランキングを見る
Amazon人気燻製器ランキング
ランキングを見る
タイトルとURLをコピーしました